オランダの幼児教育研修旅行 +Plusベルギー

1412/1/1

2019.11.20 発着空港は「羽田」に変わる予定です。 詳細はコチラ
2020.03.06 コロナウイルスの影響により「募集中止」とさせていただきます。

6月のベストシーズンに行く海外研修旅行

画像の説明


 
研修ポイント
 
 シュタイナー教育園訪問 &セミナー!

 モンテッソーリ教育徹底研修!

 ダルトン教育系幼保園訪問!

 
 イエナプラン幼保園訪問
 校長リーン・ファン・デン・ヒューヴェル氏セミナー!

 
 ピラミーデ系幼保園訪問
 開発者ジェフ・フォン・カルク氏セミナー!

 
 ヨーロッパ・ブランド、「知育玩具店」購入買い付け!

 花々が美しい季節に「ブルージュ」を訪問!
 

画像の説明 

 
1)トップレベルの教育専門通訳者が同行いたします。

2)参加者全員がイヤホン受信機を所持しますので
  聞き逃しがありません。

画像の説明
 

 ヨーロッパがベストシーズンと言われる6月。
子供の幸福度1位」のオランダを中心にして様々な幼保園を訪ね、著名な方々のセミナーを盛り込み、旅の最後は花々が美しいブルージュ(ベルギー)として企画しました。

 到着日の翌日午前中、早速アムステルダムの託児所を訪問し、オランダの事情を伺うことから始めます。午後に国際モンテッソーリ協会本部の膝元で代表的なモンテッソーリ幼保園でノウハウの一部をご紹介いただきます。
涼しくなった夜には「運河の町」アムステルダムを水上クルーズ船でDeluxeディナーを楽しむ、これまで一般ツアーではオプションで追加となるような内容もすべて盛り込みました。

 3日目、ヨーロッパで最も権威のある教育評価機関「Cito(旧オランダ王立教育評価機関)」で開発され、言語能力と社会適応性の高さが実証されている「ピラミーデ教育」を開発者ジェフ・フォン・カルク氏の徹底セミナーと「ピラミーデ系幼保園」を訪ねます。午後には「ユトレヒト」に移動して、日本で人気のミッフィーに関係する場所を時間の限り訪問します。

 4日目、「自由」と「協同」の柱に基づいた、ダルトン教育(ドルトン・プラン)を実践する幼保園を訪ねます。(小学生以上が一般的なダルトン教育ですが、本研修ではオランダでも数少ない幼児部を併設している学校を訪ねます)アメリカのマサチューセッツ州ドルトンでヘレン・パーカースト女史により指導・実施された教育指導法で、彼女が教師としての最初の赴任校で1人で40人の生徒を指導する体験をしたことがきっかけに、その後学んだマリア・モンテッソーリの自発性、自主性を重んじる着想(モンテッソーリ教育)やジョン・デューイの問題解決学習などの長所を取り入れて練られた教育法でオランダでは大変人気があります。
午後、フェルメールの「真珠の耳飾の少女」所蔵で有名な「マウリッツハウス美術館」にて美術鑑賞を楽しみます。

 5日目、オランダではイエナプランと共に大変人気のある、シュタイナー系幼保園」を訪問します。
午後にはヨーロッパの幼児玩具メーカー「HABA」社に立ち寄り、知育玩具の買い付け、さらに6月のベストシーズンに折角訪問しますので、名物の風車が綺麗にご覧いただけるキンデルダイクにも足を延ばします。
夜、オランダ最後の夕食を「限られたわずかな人だけが楽しむことが出来る究極のディナー」をご用意いたしました。

 6日目、自分の良さや弱みを知るだけでなく、他者の良さを認め、社会で協働して積極的に活動できる大人を育てるという狙いの「イエナプラン」の幼保園を訪ね、更にイエナプラン教育としてオランダでトップのリーン・ファン・デン・ヒューヴェル氏より徹底セミナーを行っていただきます。
午後は国境を越えて隣国ベルギー「ブルージュ」に向かいます。

 7日目の最終日は花々が美しい「ブルージュ」でゆっくりとお過ごし下さい。
 
 訪問する研修先はすべてアポイントをしっかりと取り、食事や宿泊ホテルを厳選しております。
「人財」の研修、長期就労職員への報償、世代交代に向けて親子で参加等、様々な目的に応える良き内容となっております。
 人は有限の時間を生き、出会える人・モノ・コトも同じように限られています。お金と時間と体力が揃っているなら「今がチャンス」です。
 
 ※セミナー担当者はすでに決定しておりますが、諸般の事情で変わる場合もございます。


徹底した幼児教育研修


画像の説明
「子供の遊びと玩具」審議会による認証
ホームページ

 木育 

楽しみながら体感することを大切にする「木育」
「木育」とは、森や木に親しむことで、健やかな人間性を育む活動です。そのためには乳幼児の頃から五感で木と触れ合うことが大切です。木のおもちゃ、天然無垢材の内装、小枝や木の実を使った自然物クラフト、そして森へ出かけて遊ぶ野外活動などで。こうしたことを通じて、森林の保護・育成や、持続可能な地球環境について自ら考え、行動できる豊かな人間性を育む素地ができるのです。
 


 モンテッソーリ幼稚園 

画像の説明

モンテッソーリ教育は、20世紀初めにマリア・モンテッソーリによって考案され、近年日本でも注目されている教育理念です。子供を常に観察し、子供の中の知的好奇心の自発性を重んじることを大切にしています。モンテッソーリの感覚教育に基づく木製教具を使って、自由な環境を提供しているドイツのモンテッソーリ幼稚園の研修です。

 知育玩具の買い付け 

画像の説明

HABA(ハバ)、SELECTA(セレクタ)、GRIMSS(グリムス)などドイツには、ヨーロッパの厳しい安全基準をクリアCEマークがついた老舗玩具会社がたくさんあります。 ドイツの職人さんが丁寧に作り上げた木製玩具、何より可愛らしい作りと温かみがあるのが木の特徴です。日本では未発売の商品の数々はやはり本場ならでは。日本市場価格よりお安く購入いただけます。


ピラミーデ教育

画像の説明画像の説明

ピラミーデ教育

ヨーロッパで最も権威のある教育評価機関「Cito(旧オランダ王立教育評価機関)」で開発され、言語能力と社会適応性の高さが実証されている「ピラミーデ教育」の開発者ジェフ・フォン・カルク氏の徹底セミナー「ピラミーデ系幼保園」を訪ねます

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。


イエナプラン教育

画像の説明画像の説明
画像の説明画像の説明

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。



世界の英才教育法「ドルトン・プラン」

画像の説明

 一人一人の能力や要求に応じて学習課題と場所を選び、自主的に学習を進めることができる教育指導法を提唱し、モンテッソーリ教育の生みの親であるマリア・モンテッソーリの協力を得ながら、一つの教室で実験的にこの教育法を確立していく。イギリスの名門校Bedales Schoolを始めとしたヨーロッパの革新的な学校をいくつか訪問した後、パーカースト女史の教育法が1916年にマサチューセッツ州ドルトンにある高校で採用されたことから、その地名の名を取り「Dalton Laboratory Plan(ドルトン ラボラトリー プラン)」として実践。そして、ここでの実績とその効果の高さからこの画期的な教育指導法は世に広く知られるようになる。
 1919年になると、パーカースト女史はニューヨークに移り「THE DALTON SCHOOL」と名付けた学校をセントラルパーク近くに創設し、このプランを実践する場を自ら築き上げる。その実績から数多くの生徒が集まり、すぐさま手狭となった学校は、より大きな敷地を求めて近くの場所へ学校を移設することになるほどの人気ぶり。さらに1929年の秋には高等学校を開校し、幼児から高校生までを対象とした一貫教育校として、数多くの人材を世に送り出すこととなる。そして、そんな100年の歴史を誇るTHE DALTON SCHOOLは、今なお著名な名門私立学校として全米にその名を轟かせている。
 「自由」と「協同」という2つの原理に基づいて構築されたドルトン・プランは、「ハウス」・「アサインメント」・「ラボラトリー」の3つを柱に、一人一人の個性に合わせて各々の能力を最大限に引き出すことを目的とする。
 パーカースト女史は「学校の真の使命は生徒を鋳型にはめることではなく、自分の考えを持てるよう自由な環境を整えてやり、学習する上で生じる問題に立ち向かう力をつけてあげること。」と述べており、それを実現するために一番最初のプログラムとして一番幼い年代の子供達に「自ら考え選択する力」・「興味・関心を高める力」・「集中力と持続力の構築」の3つの力を養うことを重要視している。それにより、学年が上がっても、その課程を自身の糧としてしっかりと吸収できる下地となり、自己成長に繋がっていくと考えている。


教育とは「人が人をつくる」ということ。

子どものために、まずは毎日接している保育士が幸せな気持ちでいることが大切です。
非日常の場所に身を置き、異国の文化や歴史を学びながら、驚きや感動が「心の栄養」となり、子どもの「ため」、人が人をつくる「こと」に役立っていきます


画像の説明
アムステルダムの夜
画像の説明
美しい風車(キンデルダイク)

マウリッツハウス美術館でゆったりと鑑賞

 マウリッツハウスの建物は、17世紀半ばにヤーコプ・ファン・カンペンの設計で建てられたオランダ古典様式建築の代表作で、美術館の規模はさほど大きくありませんが、オランダ絵画をはじめ珠玉の名品を収蔵することで知られています。中でも世界に三十数点しかないフェルメールの作品のうち3点がここにあることが注目されています。
 2010年6月22日に建築家ハンス・ファン・ヘーウェイクによるプライマリー・デザインが発表され、隣接する建物と地下で接続し美術館のスペースは倍増、2014年6月に再開館しました。
画像の説明

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。


世界遺産「ブルージュ」

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。

画像の説明


ミッフィーの街「ユトレヒト」

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。
もっと詳しく ※ミッフィー美術館は時間により訪問します。

画像の説明


妥協なき「食」へのこだわり。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明
画像の説明

アムステルダム「Deluxe」ディナークルーズ

YouTube中央の「▶印」を押しますと映像と音が出ます。

※イメージ


限られたわずかな人だけが体験する究極のディナー

画像の説明
もっと詳しく


宿泊ホテル


アムステルダム

画像の説明

★★★★
Movenpick City Center
もっと詳しく

ユトレヒト

画像の説明

★★★★
Park Plaza
もっと詳しく

デン・ハーグ

画像の説明

★★★★
The Hague Marriott Hotel
もっと詳しく

ブルージュ

画像の説明

★★★★
Grand Hotel Casselbergh
もっと詳しく


利用航空会社

日本航空



ツアーマップ

画像の説明

ツアー日程

画像の説明


旅行パンフレット


P1

画像の説明

P2

画像の説明

P3

画像の説明

P4

画像の説明